葉酸は、妊婦さんだけのもの?

m004-035

葉酸というと妊娠中などに良く耳にしたことがるのではないかと思いますが、これって何に良いのでしょうか?

実際に葉酸と聞いてもどんなものなのかよく分からないという人も実は多いのかもしれませんが、葉酸はビタミンの一種となります。もっと詳しく説明すると水溶性のビタミンB群の一種です。

ビタミンが体に必要ということはご存知かと思いますが、人間の体が正常に働くためには必ず必要となってくる栄養素となってきます。これらビタミンが不足してしまうと体を正常に働かすことができなくなってしまうからです。


私たちの体の中で葉酸はどんな働きをするの?

  • DNA・RNAを構成している核酸の合成を助ける
  • アミノ酸の合成、タンパク室の育成、促進
  • 赤血球の合成
  • 皮膚粘膜の強化
  • 口内粘膜の強化

と言ったものが葉酸の働きとして挙げられます。

これだけを見ると妊婦さんになぜ、それほど葉酸が必要というのかよく分からないということもあるのではないかと思いますが、葉酸は何も妊婦さんだけに必要となってくるものではありません。

また、これだけではなく葉酸は水溶性のビタミンということも重要なポイントなってきます。酵素とともに食物の分解を助けてエネルギーを作り出してくれるのも葉酸の働きです。

つまり体が動くためのエネルギーを作り出すためには葉酸もとても重要な栄養素となってくるわけです。

妊娠中に必要な栄養素というイメージを持っている人も決して少なくないでしょう。でも、実際にはそれだけでなく誰にでも必要となってくる栄養素で、積極的に摂るようにすることで元気な毎日を過ごすことができるということになりますね。


なぜ妊婦さんに葉酸が必要なの?

m004-035

葉酸というと妊婦さんにとって重要となる栄養素となりますが、それ以外に妊婦さんの貧血予防にも必要というイメージもあるでしょう。でも葉酸は貧血予防だけではないのです。

妊娠することで貧血になったという人は多くの妊娠経験者に覚えがあるでしょう。葉酸はその貧血を予防する為に、とても重要な栄養素となってきます。

貧血ということで鉄分を積極的に摂るようにするという妊婦さんも多いものです。しかし、貧血は鉄分を補えば良いというものではなく、赤血球を作り出すために必要となってくる葉酸やビタミン12も重要となってきます。

赤血球をうまく作り出すことができないと体に酸素を上手に送ることもできずに貧血になってしまいます。ですから貧血を予防する為にも葉酸が重要な役割を持つということになります。
葉酸サプリ


貧血予防以外は?

最近では貧血予防というだけでなく妊婦さんに重要なものとして知られるようになってきた葉酸ですが、どんな働きがあるのでしょうか?

葉酸には、神経管閉鎖障害を予防する役割があります。神経管閉鎖障害は中枢神経の元をうまく作ることができない症状を言います。歩くことができなかったり、時には無脳症と呼ばれる脳をうまく作ることができずに流産や死産の可能性を高めるということもあるのです。

こういったことを防ぐために良いと言われているのが葉酸です。積極的に葉酸を摂ることで神経管閉鎖障害の発症を70%近く低くすることができるということも言われていますから、妊婦さんの貧血だけでなくお腹の赤ちゃんの為にもとても重要なものとなってくるわけです。

ですから妊婦さんにとって葉酸は積極的に取り入れたい栄養素の1つなのです。

何となく知ってはいるけれどという人も多いと思います。妊婦さんは赤ちゃんという大切な命を預かっているからだとも言えますから、その命のためにもできるだけのことをしてあげたいと考える人も多いはずです。

葉酸を摂るということは妊婦さんが赤ちゃんと自分のためにできる大切なことなのです。


葉酸の効果

葉酸が含まれている食材は?